老人性イボに効く薬

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

アロエベラの効能と副作用【使わないほうが良い人】

アロエベラの効能と副作用【使わないほうが良い人】




艶つや習慣プラスに入っている「アロエベラ」
実は、人によっては危険な成分です。

理由は、体内や体外で「ある物質」が
必要以上に反応してしまいアレルギーの症状が出やすくなるからです。




でも、アロエっていうのは様々な効能を持つ万能素材のはずなので
アロエでアレルギー症状が出るなんて考えられないですよね。

でも、艶つや習慣プラスを使って肌に症状ができた場合に
多くの人はアロエではなくほかの成分で症状が出たと
認識してしまうかもしれません。




実は、アロエアレルギーの人は「化粧品」「石鹸」「食品」などに
たとえ微量でもアロエが入っていた場合は症状が出てしまいます。

例えば、艶つや習慣プラスを使ったとしても
アロエアレルギーの人は症状が出てしまうんです。


なので、アロエアレルギーの人は
艶つや習慣プラスは使わないほうが無難だといえます。


アロエベラの美容効果は期待大の理由



アロエに関して、否定的なことを書いてきたので
ひょっとしたら「アロエはダメな成分なのね」
あなたは思ってしまったかもしれません。


ですが、アロエは大変すばらしい効果を
私たちに与えてくれる成分なんです。




例えば、肌のシミやソバカスを予防する効果があったり
肌に保湿を与えるという効果もあったりします。

さらに、アロエには殺菌作用や炎症を抑えるという効果も期待できるので
赤く腫れたニキビなどを治すという効果が期待できます。




しかも、アロエに含まれている成分の
「アロエシン」「アロイン」「アロエエモジン」などに
抗炎症作用が認められています。

そして、紫外線などで日焼けした
肌の炎症を予防するという効果も期待できます。



また、メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを
抑えて肌にできるシミやソバカスを予防するという効果もあるんです。

もし、アロエ入りの化粧品を使う場合は
人によっては「かぶれる」恐れもあるので
最初はバッチテストを行うようにしましょう。



バッチテストは次のステップでおこないます。


1.二の腕などの肌が柔らかく目立ちにくい場所に塗る

2.二の腕に異常が見られなければ顔などの目立たない部分に塗り24時間様子を見る



しかし、バッチテストで肌に異常が見られた場合は
すぐに洗い流しアロエを塗るのはやめましょう。

例えば、肌に痒みが出た場合や赤みが出た場合は
すぐに使用を中止して皮膚科で診てもらうことをお勧めします。




さらに、妊娠中の人や授乳中の人や生理中の人は
肌が普段よりも敏感になっているので
アロエ入りの化粧品を使い異常が出たらすぐに使用を中止しましょう。

艶つや習慣プラスは「アロエ」だけに
アレルギー反応が出るわけではありません。


他にも注意すべきことを以下のページで
詳しく解説をしているのでご確認くださいね。

↓↓    ↓↓




メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧