老人性イボに効く薬

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

市販品でイボが取れない理由【イボコロリの唯一の欠点】

市販品でイボが取れない理由【イボコロリの唯一の欠点】



市販品でもイボが取れない場合があるんです。

それは、皮膚の柔らかい部分には
市販品のイボの薬は使えないこともあります。


例えば、イボコロリの場合だと
顔などや首筋には使うことが出来ません。

なので、市販で使えない部分にイボができているなら
艶つや習慣を塗るしか無いといえます。


艶つや習慣でイボが治るんですか?


そう、あなたは思うかもしれません。

艶つや習慣は「ハトムギエキス」と
「あんずエキス」というイボを無くす成分が
配合されているので塗り続けることで
イボが徐々に小さくなり取れてしまうんです。



あんずエキスは、角質取り成分と言われていますが
なにも、角質を溶かすというわけではありません。

どういうふうに、角質が柔らかくなり
イボが取れていくのかというと
肌のサイクルを正常にして
古い細胞が無くなりイボが取れていくんです。



肌のサイクルが正常になると皮膚の老化が抑えられ
肌にハリがでて若々しくなっていきますよ。




皮膚の新しい細胞は皮の一番下にある
基底層という部分で生まれるんです。

その基底層で生まれた新しい細胞が
徐々に上に押し上げられて角質細胞になります。


最終的には「アカ」になり剥がれ落ちるんですよ。



こういうサイクルを肌のサイクル又は
ターンオーバーと言います。

ただ、こういう肌のサイクルが乱れると
イボが出来たりシワができたりするわけですよ。


イボコロリでシミを取る裏技的なことを
ネットで見かけることがありますが
そういうのは、メーカーも認めてないので
やめたほうが良いですよ。

イボコロリは、イボや魚の目のタコなど
そういう症状がある部分に使うと良いですね。


イボコロリもイボを治す効果は優れています。


しかし、イボコロリでは塗れない所に
イボがあったりすると塗るのはやめたほうが良いです。

イボコロリの欠点は顔や首筋に使えない事にあります。


そういった部分に艶つや習慣を塗ると
肌のサイクルが正常化していくので
イボが徐々に小さくなり取れていきます。

顔や首などのイボが気になるという人は
艶つや習慣を使ってみると良いですね。




メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧