老人性イボの取り方

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

肌タイプで化粧品を変える?変えない?一番最適なのはコレ!

肌タイプで化粧品を変える?変えない?一番最適なのはコレ!



あなたは、スキンケアを正しくやっているでしょうか?
それとも、間違っている方法を続けていたりしませんか?

自分自身の肌質を把握して季節と体調によっても変化するので
美くしくありたいというなら、その時の状態に合ったスキンケアをおこないましょう。




まずは、自宅でできる簡単なセルフチェックをしてみてください。

洗顔後に肌に何もつけない状態で
15分間なにもしないで放置しましょう。




普段は当たり前のようにおこなっているケアをやめることで
肌が本来持っている力が発揮されるので、あなた自身の
肌をじっくりと観察してみましょう。


乾燥肌

顔全体にツッパリを感じる
乾燥で白く粉をふいている部分がある
かゆみがある
ザラつきがある


普通肌

しっとりしている
乾燥が気になる部分はない
ハリと弾力がある
サラサラしている

混合肌

頬や口周りにつっぱりを感じる
脂浮きしている部分がある
乾燥で白く粉ふいてる部分がある
Tゾーンにべたつきがある


脂性肌

顔全体がテカテカしている
毛穴の開きが目立つ
Tゾーンに脂浮きがある
べたつきがある


以上で、最もチェックが多くついてしまったものが
あなたの現在の肌タイプということになります。


そして、この結果を参考にして
そろえるスキンケア商品とかケアの方法を見直してみましょう。



どの肌タイプでも言える共通点とは?


どの肌タイプでも言えることですが
一番大切なのは「肌に保湿を与える」ということです。


でも、私は脂性肌だから保湿は不要では?


そのように思う人もいるかもしれませんが
実は脂性肌であっても肌自体は乾燥して過激に脂分をだしすぎて
脂性肌になっている可能性も否定できません。

なので、肌の乾燥というのは色んな肌トラブルを引き起こす原因になるので
保湿は日々のケアに取り入れるのは大切だといえるんです。




そして、クレンジング・洗顔は
スキンケアの基本中の基本となります。

なので、朝晩に洗顔をする場合は
肌に刺激を与えにくいジェルタイプや
泡が濃厚で必要な脂分は残せるような洗顔せっけんを使うのも望ましいですね。




洗顔をする時のお湯の温度は「30℃~32℃」くらいの
ぬるま湯がもっとも最適だといわれています。





普段のスキンケアに「艶つや習慣」を利用すると
保湿ケアも簡単にできて肌にできたポツポツが
ツルツルになっていきやすくなります。


艶つや習慣を実際に使った人の生の声を
こちらで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓          ↓↓





メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧