老人性イボに効く薬

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

液体窒素で老人性イボを治すメリット・デメリット

液体窒素で老人性イボを治すメリット・デメリット



液体窒素でイボを治すという治療法がありますが
これは、綿棒などに染み込ませた液体窒素を
イボに綿棒を押し当ててイボを壊死させるという方法です。

これによって、老人性イボの下にある細胞が活発になり
新陳代謝を繰り返すようになります。




その結果、新しい皮膚が再生されていき
イボを除去することができるんです。

液体窒素療法は「冷凍凝固法」ともいわれています。




日本でおこなわれるイボの治療法としては
もっとも一般的な方法ですがメリットも確かにあります。

簡単にメリットだけ伝えると



健康保険が適用される

治療費を安い

治療時間も5分程度


などのメリットがあります。


私が液体窒素治療のもっとも「良いな」と思っている
メリットですが「健康保険が適用される」ということです。

イボを除去するという方法は液体窒素治療以外に
レーザー治療や医療ハサミを使った治療法もあります。




色んな治療法があるようですが
中には健康保険が適用されない治療もあるので要注意ですね。

そのてん、液体窒素治療は健康保険が適用されるので
治療費を安くすませられますよ。




さらに、液体窒素治療には、特別な医療器具が不要なので
たいていの病院ならどこでも行っている治療法なんです。

治療時間は大体「5分」くらいで終了します。



液体窒素治療は完璧な治療法ではないので
デメリットもさすがにありますよ。


強い痛みを伴う

色素沈着を起こすことが多い

何度も通院しなくてはならない

イボが再発するケースもある



液体窒素治療の最大ともいえるデメリットは
「痛みを伴う」ということです。


低温やけどで壊死させるので水ぶくれや
内出血も覚悟しないといけないでしょう。

液体窒素を浸す綿棒の形とおなじように
色素沈着を起こすことが多いです。




顔とか首などの目立ってしまう部分には
液体窒素の治療法は全く適していないんです。

しかも、イボの状態によっては1回では
全てを取り除くことができないので
何度も通院する必要があります。



イボの症状などによって個人差があるんですが
完全にとり切ってしまうまで「3ヶ月から1年」ほど
かかる場合もあります。

そして、イボが皮膚の奥まで入り込んでいるという場合は
液体窒素治療では取り除くのが難しいようです。




なので、その場合はイボが再発するというケースもあります。

液体窒素治療は手軽に治療が受けられますが
さまざまなデメリットもあります。


なので、どのような治療法が適しているのかを
予算やイボの状態を見て医師と相談をして
イボをきれいに除去できる最適な治療法を見つけてもらいましょう。


まとめ



液体窒素治療は、イボの状態によっては
何度も通院する必要があります。

しかも、強い痛みを伴うので覚悟が必要ということですね。



でも、イボの状態によっては
再発する場合もあるので治療を受けた後の
ケアを大切なんだといえます。



老人性イボをクリニックで治した場合は
その後のケアも大切です。



なぜなら、肌のターンオーバーが正常ではないから
イボという角質ができやすくなっているからです。





ですので、きれいに治療をした後もイボが再発しないように
肌のターンオーバーを正常にしていくためのケアを
絶対にしていく必要があるんです。


治療後のケアには「艶つや習慣プラス」が最適です。

艶つや習慣プラスで老人性イボをケア!



メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧