老人性イボの取り方

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

紫外線対策で最も注意するべき3つのポイント

紫外線対策で最も注意するべき3つのポイント



紫外線というと悪いイメージしかありませんが
実際には、ビタミンDを合成して骨を強くするなど
人の体にとって大切な役割を持っていたりします。

なので、やみくもに拒絶するのではなく
共存していくことも大切だと感じます。




まずは、人にとって危険な紫外線の量が
降り注ぐ時間帯を見極めていく方法を紹介していきます。


ポイント1:紫外線量は時間帯と影の長さで見極める



ご存知と思いますが紫外線の量というのは
一日を通して同じではないんです。

朝とか夕方とかの時間帯は太陽が傾いているときは
紫外線の到達経路が長いため紫外線量も弱いんです。




ですが、お昼くらいになると太陽は高い位置にあるので
到達経路が短くなり紫外線の量も増えてしまいます。

そして、紫外線の量は自分の影でも見極めることが可能です。




たとえば、影の長さが自分の身長より長い時間は
紫外線量もそれほど多くはありません。

ですが、自分の身長よりも短い場合は
紫外線の量は多いと考えられます。




もちろんのことですが
紫外線の量が多いと判断できる場合は
紫外線対策をしっかりとする必要があります。

また、室内でも紫外線を気にして日焼け止めを使う人もいますが
直射日光だけを避けたいなら室内では日焼け止めを使う必要がありません。





理由は、部屋のカーテンを閉めるだけで
屋外の5%程度しか紫外線は室内に到達しないからです。

しかも、UVBは窓を閉めていれば
室内にまで張ってこれないので
そこまで神経質になる必要はないでしょう。



ポイント2:正しい紫外線対策のアイテムを使う



危険な量の紫外線が降り注ぐ時間帯に外出しなければいけないなら
紫外線対策をして外出をすることになります。

その場合に、正しい紫外線対策のアイテムを選び
正しく使わないと全く意味がありません。




たとえば、日傘などを選ぶなら外側が白で内側が黒の日傘が
紫外線対策のアイテムとしては正しいといえます。

なぜなら、日差しを考えた場合に地面からの照り返しも無視できず
紫外線は空からだけではなく地面から照り返してくるからです。




なので、日光の照り返し対策は白よりも黒が良く
内側が黒の場合は照り返された紫外線が傘の内側で
吸収されるので内側が黒なのがベストだといえます。

このように正しい紫外線対策のアイテムを選び
正しく使えるかどうかで効果に大きく影響していくというわけです。





紫外線対策として「衣類」にもこだわりを持つのが良いでしょう。

UVカット効果の高い素材は「ポリエステル」や「ナイロン」などですが
真夏は蒸れやすい素材になるので不愉快に感じる人が多いかもしれません。




そういった場合は「綿」などの素材でも良いですが
織り目が細かいものを選ぶのが良いでしょう。

色的には、無理をして黒を選ぶ必要はなく
赤や青、黄色などでもじゅうぶんUVカットが期待できるんです。





紫外線対策には帽子がありますが
これは「つばの長さ」がとても重要となります。

なぜなら、顔に当たる紫外線をカットできる比率というのは
つばの長さが3cmで35%、7cmで60%、10cmで70%」といわれているからです。



なので、紫外線対策の帽子を利用するなら
つばが7~10cmあり一周全体につばがある
ハットタイプが好ましいといえます。


ポイント3:紫外線対策は外側の対策だけではなく内側からもやるべき



太陽からの紫外線を浴びることで肌は防衛反応を起こします。

どのように防衛反応を起こすのかといえば
「メラニン色素」を作り出し体内に紫外線の侵入を防いでいます。




しかし、このメラニン色素というのは
実は肌のシミを作り出す原因にもなっているんです。

こうしたメラニンは肌のターンオーバーによって
角質として排出されるべきものなんです。




しかし、年齢を重ねていくことで
肌のターンオーバー周期は遅れていきます。



その結果、メラニン色素が蓄積していき
シミやイボのような角質粒ができるというわけですね。

こうした、肌にできるシミを予防するには
肌のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。




そのためには紫外線対策もできる化粧品を使うのがベストでしょう。

まず、紫外線対策をする化粧品を探すなら
ヒアルロン酸」や「アロエベラ」が配合されている化粧品を選ぶのが良いです。



なぜなら、ヒアルロン酸やアロエベラは
肌に保湿を与え肌のターンオーバーを正常にしやくする成分だからです。

しかも、「あんずエキス」や「ハトムギエキス」が
同一の化粧品に入っているならより効果を発揮するでしょう。



紫外線対策ができる化粧品を探しているなら
こちらの化粧品を一度使ってみるのも悪くないですね。





メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧