老人性イボに効く薬

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

艶つや習慣でイボが減らない理由【医薬品と化粧品の違い】

艶つや習慣でイボが減らない理由【医薬品と化粧品の違い】






艶つや習慣の口コミなどの評価を見ると
1ヶ月の利用だけでイボが減ったという人もいるようです。


しかし、艶つや習慣は薬ではないので
イボを小さくしたり減らすという効果は期待できません。



なぜなら、艶つや習慣は
医薬品ではないからです。

それでは、医薬品と化粧品の違いを紹介していきます。


一般的なスキンケア商品の分類とは?


一般的なスキンケア商品の分類は以下の3種類です。

医薬品

医薬部外品

化粧品


薬事法により以上の3種類のどれかに分類されています。

たとえば、艶つや習慣の場合は「化粧品」に分類される製品で
この場合は「肌をすこやかに保つ」というのが目的となります。




つまり、医薬品とは「治療」が目的で作られた
厚生労働省により配合される有効成分が
認められている製品を言います。





そして、医薬部外品というのも販売されていますが
これは医薬品と誤解する人が多いです。

医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果などに有効な成分が
一定の濃度で配合されている製品を言います。





販売サイトには「医薬部外品」という表示がされていることが多いので
その製品は医薬部外品だというのを知ることができます。

つまり、医薬部外品の場合は「予防する」という目的で作られた製品なので
販売サイトにも堂々と「〇〇を予防する」と書かれることが多いです。





また、「薬用」と表記されることもありますが
この場合も「医薬部外品」となります。


つまり、「薬用=医薬部外品」ということになります。





最後に、化粧品ですが医薬部外品と比較しても
効果はかなり緩和的で「予防する」という目的からも外れています。





艶つや習慣は「化粧品」に分類されるので
「予防する」という表現は許可されていません。





化粧品とは、肌にうるおいを与え女子力アップを目的としています。

医薬品や医薬部外品の製品には
必ず表示があるので購入をする場合は
目的に合った製品を選んでくださいね。



まとめると・・・


艶つや習慣は薬ではなく化粧品なので
肌を滑らかにする効果は期待できます。

ですが、イボを直接的に治すという効果は期待できません。


それでも、イボに悪い成分が配合されているわけではないので
肌に塗り続けることで肌の悩みはどんどん減っていくでしょう。


艶つや習慣の詳細はこちらをクリック 




メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧