老人性イボに効く薬

失敗しない老人性イボの効果的な取り方

▼MENU

艶つや習慣とイボコロリを徹底比較

艶つや習慣とイボコロリを徹底比較



イボを治す製品として有名なイボコロリと
艶つや習慣というイボを治すことが出来るジェルと
どちらがイボを治すのに有効なのでしょうね?

イボコロリと艶つや習慣を徹底比較していきます。


まず、イボを治すことで有名なイボコロリから
その特徴や危険性までを解説していきますね。


イボコロリの特徴




サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用している

イボを効果的に取り去ることが可能

魚の目やタコなどの症状にも効果あり

塗った後すぐに水仕事又は入浴をしても問題ない

成分的に危険があり顔などや皮膚の柔らかい所には使えない


以上がイボコロリの特徴です。

イボコロリには「サリチル酸」という
角質軟化溶解作用のある成分が含まれています。



この、サリチル酸というのが
とても危険な成分で皮膚の薄い部分には使えません。

ですが、使い方を誤らなければ
イボなどを治す薬としては
かなり優れた製品だといえます。



イボコロリを塗ったすぐに入浴をしたり
水仕事が出来たり出来るのはありがたいですね。

イボココリは、顔や首筋などには使えないのも
デメリットの一つといえますね。


イボコロリを使ってはいけない人


乳幼児(7歳未満)

目の周りや首筋にイボがある人


イボコロリを使ってはいけない人は
以上の人ですが、7歳未満のお子様は
使わないほうが良いみたいですね。

7歳以上のお子様は、必ず保護者の監視のもとで
利用するようにしたほうが安全です。



艶つや習慣もイボを効果的に
治すことができるので利用している人も
結構多いみたいですね。

次に、艶つや習慣の特徴などや
その危険性などにも触れてみます。


艶つや習慣の特徴




スキンケアをしながら角質ケアが出来る

目元や首元などにも使える

大容量なのに経済的

イボだけではなく肌にうるおいやハリを与える

成分的に肌に優しく安全

化粧品と一緒に使うことが可能

肌のサイクルを正常化させてイボを取り去る

全身に使うことが出来る



上、艶つや習慣の特徴です。

艶つや習慣も角質を柔らかくする効果がありますが
イボコロリのサリチル酸とは違います。


どのように違うのかといえば
肌のサイクルを正常化させて
古い角質を自然に剥がすというものです。



古い角質が自然と剥がれるので
肌にとても優しいんですよ。

類似するスキンケア商品の中でも
容量的に多めなのは嬉しい限りです。


また、艶つや習慣はイボのケアだけではなく
肌にハリやうるおいなどを与える効果もあります。


艶つや習慣を使ってはいけない人


小麦アレルギーの人



艶つや習慣は「小麦アレルギー」の人は
使わないほうが良いですね。



理由は「ハトムギエキス」が入っているからです。

ハトムギは小麦と同じ種類なので
アレルギーが発症するおそれがあるんですよ。


それでも、小麦アレルギーではない人で
イボをどうにかしたいというなら
艶つや習慣は最適だといえますね。




メニュー

艶つや習慣

アンミオイル

アプリアージュオイルS

杏仁オイルの類似品比較

イボの取り方

艶つや習慣のレビュー

【ツヤツヤ習慣の効果】


艶つや習慣を使って
本当にイボが取り除かれるのかを
解説していきます。

艶つや習慣の詳細はこちら

アンミオイルレビュー

【アンミオイルの効果】


アンミオイルは杏仁オイルを
主成分としてイボを安く
治していくことが可能です。

初回限定の値段がかなり驚きですね。

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アプリアージュオイルSレビュー

【アプリアージュオイルS】

アプリアージュオイルSは
小麦アレルギーの人には
辛いと思います。

アレルギーではない人には
最適なオイルです。

詳細はこちらをクリック

相互リンク一覧